飲食経営者と作家

「飲食経営者と作家」というと、一見何の関係もないように思えなくもありません。
ではなぜ、作家作品を展示するギャラリーを併設する飲食店が多いのでしょうか?

飲食経営者がギャラリーを手がけるわけ

飲食経営者と作家

飲食経営者がギャラリーを手がけ、
作家作品を展示する理由。

一つには、集客です。
定期的に展示物を入れ替えることで顧客に新鮮さ
やイベント性を感じてもらうことができ、飽きを
来させないという効果があります。

また、提供する飲食物のファンだけではなく、
展示する作家のファン、アート好きの客層も一気に取り込めます。もちろん展示料なども、飲食店にとっては原価の無い大事な収入源です。

もう一つには、コミュニティ要素が挙げられます。
ギャラリーという文化的な活動を通して、お店には様々な分野のアーティストが集まることになります。
有名作家が生まれる背景には得てして、足繁く通うカフェなりレストラン、バーなどがあるものです。
そのように、アーティスト同士の交流の場となることによって飲食店には箔がつき、人が自然に集まり、
より楽しめるギャラリー・ダイニングまたはギャラリー・カフェとなれるわけです。

もちろん、料理とアートには共通するところがたくさんあるのも見逃せませんね。
そこにも、多くの飲食経営者がギャラリーを併設しようとするする理由があるのかもせれません。